姪っ子。

まいったなあ……。
昼から酒飲んだら、1日中頭がボーっとして、結局何もできなかった……。


今日は、1歳くらいの姪っ子を、僕の家で預かった。
だいたい赤ちゃんですね。
基本的にバブバブ言ってて、ハイハイしてます。
これが、かわいいんだよなあ。
罪がないよなあ。赤ちゃんは、罪がないよなあ。
僕みたいな醜い人間にも、屈託のない笑顔を見せてくれるんだもの。
僕は、許されている。
僕は、受け入れられている。
僕は、愛されている。
神さまみたいに見えた。僕の姪っ子が、神さまみたいに見えた。


僕も、こんなに純粋だったのかなあ。
僕も、昔はこんなにかわいくて、罪がなくて、
すべてを受け入れ、すべてを許し、すべてを愛していたのかなあ。


梨華ちゃんも、これを読んでるあなたも、昔は、赤ちゃんだったなんて、
なんだか、不思議だね。
みんなと、赤ちゃんのときに出会えていたらさあ、
打算も優越も軽蔑も何もなく、ありのままで、純真に、
お互い許しあって、愛し合えたのかなあ。


――長崎の犠牲者のみなさんに、黙祷をささげます。