リストカットをしたことがあります

 月に1回はブログを書こうと思っているのだけれど、書きたいことはほとんどツイッターに書いてしまっているので、ブログに書くことがほとんどありません。そのようにして人はブログを書かなくなり、140字の文章しか書くことができない人間に成り果てるのだろうなと思います。僕がブログに書くとしたら、ツイッターでは炎上したり批判的なリプが来たりしそうな危険な文章です。なぜならここは誰も読んでいないからです。誰も、ということはないか。あなたがいましたね。読んでくださってありがとうございます。

<現場>のアイドル文化論

<現場>のアイドル文化論

  • 作者:森 貴史
  • 発売日: 2020/07/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 そういえば最近、『<現場>のアイドル文化論』を読みました。論というほど堅苦しくなく、日記に近いものだったから、わりと読みやすかったです。著者の森先生*1は途中で、自身のヲタクとしての「こじらせ」について語るのだけれど、僕のようなガチ恋ヲタクの「こじらせ」に比べたらあまりにも可愛らしいものだったので、こじらせマウンティングおじさんになってしまいそうになりました。僕くらいガチ恋をこじらせると、深夜に真っ暗な部屋のなかで推しメンの出ているDVDを泣きながら見て、リストカットをします。僕は石川梨華ちゃんのことが好き過ぎて、でもその恋心の持っていき場がなくて、何回かリストカットをしました。でもその傷は浅かったため、今では僕の左手首の内側は赤ちゃんの肌のように綺麗です。このようなことはツイッターに書けないので、ブログに書きました。誰かに怒られるリスクがある上に、一銭にもならないけれど。

 さいきん僕の友人がnoteで文章を書いてめちゃくちゃ儲かっているのを見て、僕もnoteで文章を書いてお金を稼げたらいいなと思いました。でも今さら何を書いたらいいのだろうか。ガチ恋について書くべきことは、この日記と、耳マンというサイトの『推しメンが結婚しちゃった日記』ですべて書いてしまったし。一番理想的なのは、noteに1つだけ記事を上げて、その記事に誰か富豪がまいにち1万円くらい投げ銭してくれること*2です。そんなことがあったらいいな。あるわけないか。ははは。僕がいま考えているのは、年金アドバイザー2級*3の資格を取って、年金まめ知識をnoteで記事にして、それでお金を稼ぐことです。でも年金アドバイザー2級の試験、合格点の60点に3点足らなくて2回も落ちてるんですよね。とほほ。

*1:森先生は大学教授である。

*2:noteにはそういうシステムがある。

*3:1級はなく、2級が最上級である。かなり難しい。