自由になった僕は、帰宅して、さっそくリカニーをする。ハッピーをトイレに持ち込み、10分くらいかけて、自慰的な行為をする。気持ちよかった。けれど、最近ちょっと思う、リカニー以外のオナニーもしたいなって。他人がセックスしてるところを見ながらしたいなって。でも、するわけにはいかない。もう後戻りはできないんだ。


 終わったあと、トイレの外に足音が聞こえたので、どうしようかと思う。写真集を持ってるところは見られたくない。だから僕は服の中にハッピーを入れて、落ちないようにズボンにしっかりと挟んだ。素肌に表紙が触れて、ひんやりと冷たかった。そして何食わぬ顔してトイレを出た。部屋に戻って鏡を見てみたら、お腹のあたりが不自然に膨らんでいた。食ってるのバレバレだった。明らかに長方形が浮き出ていた。あわてて写真集を腹から取り出すと、表紙の梨華ちゃんと目があった。恥ずかしくなった。穴があったら入りたい。でも、梨華ちゃんの目は優しかったので、僕は少しだけ救われた。