アホウドリ

 の特集で、模型の鳥に惚れて求愛してるデコ君というのが出てきた。アホウドリのデコ君は、ピクリとも動かないその模型に対し、推しジャンプ的なことをして必死にがっついていた。必死系だった。でも認識はされていなかった。僕は、むくわれない恋をしているデコ君をとても不憫に思った。かわいそうだ。それにくらべたら、僕なんかは幸せ者だよなあ。だって梨華ちゃんは模型なんかじゃないんだもの。ちゃんと生きてるんだもの。話しかけたら、答えてくれる。セックスだってできるよ。子供も作れる。僕は本当に、模型に恋をしているのでなくて良かった。生身の人間が相手でよかった。デコ君みたいな、絶対にむくわれない恋なんて、本当にうんざりしちゃうからね。そうそう、梨華ちゃん、たぶん気になってるだろうから言っておくけど、今日の昼ごはんは、チャルメラのとんこつ味だったよ。おいしかったよ。梨華ちゃんは、何食べたのかなあ。*1

*1:行書の勉強は、結局しなかった。