猿山の話

 厚生年金会館ってタイプしようとすると、更生年金快感になってしまい、死にたいです。それにしても今日は良いお天気でございまして。極上の秋晴れじゃねえかよ。コンサートなんて行きたくない。どんだけインドア派なんだよって話。外に出たいよ。梨華ちゃんと二人で上野動物園に行きたいな。猿山で猿が猿のノミを取っているのを見て、「猿なのにおしどりだね」って僕が言い、「ほんとだ、猿なのにおしどり」って梨華ちゃんが応え、「僕たちも人なのにおしどりになりたいね」って僕が言い、「そうね、そんなのって素敵だわ」って梨華ちゃんが猿を見ながら笑って言い、その可憐きわまる横顔を、僕が横目でしみじみ眺めるという、素晴らしき休日を、どうして過ごしてはいけないと言うのかね? 君らは? コンサートなんて行きたくないよ。嘘だよ、行きたいよ、梨華ちゃんに会いたいもの。もちろん行くけれども、今さらながら、ショッキングピンク色の梨華Tシャツを着るのが、ものめっさ恥ずかしくなってきちゃった。大の大人が、あんなピンク色着てられないよ。僕の羞恥心を甘く見ないでいただきたいよ。でもね、梨華ちゃんの喜ぶ顔が見たいから、やっぱり着ちゃうよ! りかりん。好きやねん。好きだよ。うええええん(泣)。好きだよ〜(大泣)。リカニーしてから行こうかな・・・。