56ページ(左側)

 明後日は、梨華ちゃんが入籍すると報道されている日です。心を整えるために、いつも通りのブログを書こうと思い、写真集『風華』の56ページを開きましたが、そこには白いビキニ姿をした梨華ちゃんが写っており、心を整えるどころではなくなっています。こんな可愛くてスタイルばつぐんで優しくてお茶目な人を嫁にもらう男がいるなんて許せない!という気持ちがむくむくと膨れ上がってきます。深呼吸をしよう。スーハ―、スーハ―、よし、落ち着いてきたぞ。梨華ちゃんは太陽の白い光を正面に浴びながら、水色のベンチに横向きに座り、淡い笑顔をこちらに向けています。茶色がかった髪の毛は、気持ちよさそうに風になびいています。左わき腹にあるほくろが、何かを主張しているかのようで、とても気になります。僕はそのほくろを見つめながら、何かを語りかけます。そのほくろも僕に何かを語りかけます。しかしそれが何であるかは、漠然としていてわからない。それが何であるかを見極めるために、僕はこれからも、梨華ちゃんのそのほくろを見つめ、語り合いつづけるだろう。