『推しメンが結婚しちゃった日記』について

f:id:fuchirin:20180729172040j:plain
33man.jp

 わけあってツイッターでは報告しなかったんだけど、(株)リットーミュージックさんの運営する『耳マン』というサイトで連載していた『推しメンが結婚しちゃった日記』は、第67回で最終回を迎えました。連載期間は、2017年3月から2019年10月までの長きにわたりました。今さらながら、少しでも読んで下さったみなさま、本当にありがとうございました。

 当初は『推しメンが結婚しそう日記』だったのですが、その第1回がアップされた直後くらいに梨華ちゃんが結婚しちゃったため、『推しメンが結婚しそう日記』は第1回で終了し、新たに『推しメンが結婚しちゃった日記』が始まりました。梨華ちゃんが結婚しそうな間の、心の揺れ動きを書くつもりだったのだけれど、梨華ちゃんが結婚しちゃったことにより、書くべきことが激減しました。それで僕は外で飲み歩くことが多くなりました。居酒屋やコンカフェで起きた出来事をよく書きました。その結果、いただく原稿料より飲み代の方がはるかに多かったです。確定申告をするときに、飲み代を経費に計上すればよかったな、と今となっては思います。色々な記事を書いたけど、担当の編集者さんによれば、最も読まれた記事は『「もうどうにでもなーれ!」と思い中国人女性のマッサージ店に行った夜』だったとのことです。その話を聞いた時は、「もっと大事な記事は他にもたくさんあるのに、よりによって何でそれやねん!」と思って驚いたし笑いました。

33man.jp

f:id:fuchirin:20151231131357j:plain
33man.jp

 その連載の前には、同じく『耳マン』の『たのしいドルヲタ図鑑』に、僕の梨華ちゃんへのガチ恋に関するインタビューが掲載されました。このガチ恋インタビューが好評だったことで、その後に『推しメンが結婚しそう日記』の連載の依頼が来たというわけです。その頃の僕は、梨華ちゃんの熱愛報道を受けて、自暴自棄のような精神状態になっていました。ガチ恋をマネタイズしたら2ちゃんねるで叩かれるだろうなと思ったけど、もはや何もかもどうでも良かったので、依頼を受けることにしました。2ちゃんねるは全く見ずに、毎日梨華ちゃんと『推しメンが結婚しちゃった日記』のことばかり考えて過ごしました。梨華ちゃんが結婚してしばらく経って、心にあるていど余裕が出てくると、「僕の連載を読むことで、今ガチ恋で苦しんでいる人たちの心が少しでも救われればいいな」と思うようになりました。実際にどのくらいの数の人々が救われたのかは分からないけれど、少しでも多くの人々が救われていればいいなと思います。連載が終わったらすぐに『耳マン』から削除されちゃうんだろうなと予想していましたが、1年経った現在でも記事が全て残されており、とても嬉しいです。最近はアイドルへのガチ恋が話題に上ることが少なくなったけれど、今でもガチ恋に苦しんでいる人たちはたくさんいると思います。そういう人たちの心が『推しメンが結婚しちゃった日記』を読むことによって少しでも救われ、それに伴ってアイドルたちの心の負担も減少すれば、それに勝る喜びはありません。