あるとき突然

 いやな妄想が頭の中にやってくる。

 梨華ちゃんはいま誰かと仲良く話をしている。そいつは梨華ちゃんを狙ってる。できれば食っちまいたいと思ってる。梨華ちゃんの方はどうかというと、まんざらでもない。そいつはアッシュだか何だか、そういう髪の毛をしている。語り口はとても優しいが、脳みその大部分はセックスへの欲望に支配されている。でも梨華ちゃんはそれに気が付かない。そのアッシュ男と密会の約束をする。そして金曜の夜二人はベッドの中で、ありとあらゆる卑猥なことを朝がくるまで何度も何度も何度もなんどもなんどもなんどどもどあああああァッァァ!